にじのかけらができるまで 前編

「あめのゆみ」Rainbow projectの活動の一つとして、竹炭を製作しています♪

名付けて「にじのかけら」

竹は古から、「神様」の宿り木でした。「神様」がいるかどうかはわかりませんが、「天」には何かの意志がありボク達はそれを体現するために生かして頂いている存在。だから「竹」にとてもシンパシーを感じるのかもしれません。

その竹林も、ただそのまま放置されていては、繁殖力が災いしてたちまち暗く鬱蒼とした場となり、環境によっては不法投棄のゴミなどが集積する闇の場所になってしまいます。

が、人の手を加えて光を通せば、柔らかい光と風の音が美しい、静かで安らげる場所になるのです。やはり人が暮らす以上、豊かで美しい生態系を維持していくには人の愛情が欠かせないということですね♪

今は田んぼの周りの斜面を覆いつくした竹を伐採しています。

斜面に登りながら、1本1本切り出して、細い枝を切り落としていくのですが、15メートルもの長いものになると100キロ以上の重さになってかなりの重労働!

女性陣も大活躍です♪

竹林を整備し、腐った竹の瓦礫を取り除いたら…

なんと!!!

竹林の奥の岩肌から古墳が!

いや〜さすがに歴史のある土地です♪

この付近は「横穴古墳」が点在している地域。

おそらくこれも5世紀〜6世紀頃に作られたものでしょう・・

時間を超えて、古代と現代の次元が重なりあったような、不思議な感覚。

ここの竹で竹炭が作れるなんて♪

窯に入るサイズにカットして、ひとまず自宅へ持ち帰ります。

家の庭で節ごとに切って、4つに割り、一つ一つ丁寧に水洗いして、朝陽にあてて乾かします

なんだか神々しい雰囲気でしょ〜♪ 全部で200本あまり。

週末に窯入れして、来週半ばに焼き上がりです。窯に入れて周りを土で固めれば、後の出来具合はその時々の自然条件によって、まさに神のみぞ知る!楽しみです♪

ということで、「にじのかけら」ができるまで、後編はまた来週〜♪

広告