竹炭づくりの合間にアート制作♪

かなりのあいだご無沙汰してしまいましたが皆さんお元気ですか?

ボクは前回のブログ更新の直後に突然、首が動かなくなるという症状に苛まれ、それが2週間以上も続き、ようやく最近になって解放されたところです。その間に後頭部の鈍痛や風邪の症状も併発し、なんとも不調な日々が続いていました。

もっともその間も竹炭作りはだましだまし続けていたのですが、やはり体調が反映したのか、火力不足でやり直しを余儀なくされ、再度トライしたものの、それでも満足のいく仕上がりのものはかなり数が限られる結果になりました。やはり炭焼きは奥が深いですね。

しかしながら偶然による面白い気づきもあり、お陰様で新しい発想と工夫が胎動している今日この頃です♪

今回の収穫はごくわずか。それでも油分の多い葉のついた杉の枝を薪代わりに大量に燃やしたためか、かなり光沢が出て、観賞用としても耐えうる立派な竹炭ができました。

もっとも、炭になりきれていない燻製状態のものが多かったので次回は3度目のトライをする予定。年内に出来るか??

ところで、今日は竹炭以外に最近ハマっているアート制作(?)をご紹介。

これはいったい何でしょう?

まだまだ未完成なのですが、実はこれ、イノシシ対策用に築き上げている柵なんです。

ここ数年、この近隣ではイノシシが山から降りてきて田んぼや畑が荒らされる獣害に悩んでいるとのこと。もっとも、直接の原因と考えられるのは九州新幹線の開通工事。山々が削られ掘られ、生態系が変わってしまって仕方なくイノシシが山を降りてエサを求める・・・実際の被害者はイノシシの方なのですから、そんな彼らに罠を仕掛けたり、電気柵で感電させるのはどうかと・・・そんなわけで根本解決にはなりませんが、少なくともこの周辺の田畑が荒らされないよう、イノシシが山を降りてこれないように間伐した竹をそのまま使ってバリケードを築いている次第。

年内中にあと50mほど伸ばして完成する予定!

しかも作業の殆どを進めてくれているのが東京生まれ、東京育ちにもかかわらずこの夏と秋に転居してきた女性二人!!

彼女たち自身、強度の肉体労働をこなしていることに驚きつつも生き生きしているのが何よりも嬉しい♪

しかもセンスが良い♪

実物をみるとかなり圧倒されますよ〜♪

今後は観光名所になるか(笑)

広告