竹炭のおいしい食べ方?

昨年春から突然スタートした田舎暮らし。
夏のあいだは教習所に通い、46にして初めてクルマの免許を取得。
秋からはNPO法人設立に向けて、社会的事業支援者育成の学校にクルマで通学する日々。その間、週末は荒れ地の開墾や竹林の整備、竹炭焼き、畑仕事、関東からの避難者の案内、地域の行事への参加、等々・・・
まるで初めての事だらけで、めくるめくアッと言う間に年末年始を迎え、ただでさえ特殊な日常が続いているのに、今年はさらにある大役を仰せつかって精神統一におおわらわ。

昨日でようやく旧暦の正月を終え、今日からリセットモードでしばらくはこちらでの日々の生活に密着した日記をアップしていきたいと思います。

まずは年末年始に報告できなかったシリーズ♪

竹炭パン!

昨年末に北関東から自主避難してきたという若者に竹炭をつくっていることを伝えると「食用ですか?」とひとこと。
なんの冗談かと思ったら身体に蓄積する有害物を取り除く効果があるとか
確かに一理ありそうだ、とさっそく「食べる竹炭」で検索してみると・・いっぱい出てきます(笑)

実際、ボクの竹炭は焼く前にすべて丁寧に洗って、表面の汚れを取り除き、焼いた後もひとかけらずつタワシでこすって、紙ヤスリをかけ、布で磨くという行程を経ているので不衛生感はない(そもそも超高温殺菌してるって話だけど 笑)。「ならば、パンを作ってみよ〜♪」というわけで5cmほどのひとかけらを直接食用ミルサーに♪

けっこう時間がかかりましたが、ちょっと吹けば飛ぶ超微粒の粉末にみごと変貌。
これを百草園から購入した無農薬の強力粉に混ぜてちょっとグレーな素材に(笑)

天然酵母のドライイーストでしっかり生地をこねてクルミとラムレーズンをたっぷり混ぜます。

Stingのノリのいい音楽を聞かせながらしっかり発酵♪

こうしてみるとパン、というよりも何か粘土細工のような物体・・・?

でも、オーブンでしっかり焼いてみるとほら、パンらしくなりました。

切ってみるとますますいいかんじ♪

実際に食べてみると・・・・普通に美味しい天然酵母パンでした〜♪

においも味も、まったく違和感ありません。っていうか、これはかなりいけます。

そんなわけで、調子に乗ってこんどはご飯を炊いてみました〜(笑)

やはりグレーなご飯の出来上がり。小さじ一杯程度ですが、かなり水分を吸収するらしく、思った以上に固めのご飯になりました。ただ、粉末に粗い部分もあったのか、たまにジャリッと歯ごたえが(苦笑)。

なのでこんどはイカスミリゾットならぬ竹炭リゾットへ変身♪

わざと黒さを引き立たせるためにナスであえて、トッピングにゆずのピール。これも普通に美味しく頂きました(笑)。

次はジャリッと感をいかして全粒粉で竹炭マフィンに。

やはり見た目にもご飯よりマフィンやクッキーが一番しっくりきますね。

また何か思いついたら紹介させて頂きます♪