言葉を正す

まとまった時間もとれないくせに、あれもこれも読みたい本がまだまだ沢山! そんな中で最近、思うところあって現状を分析する上でもこのタイミングで、と感じて読み始めたのが以上の4冊。

本質を捉えている書物は、たとえテーマが異なっていても、同時進行で読み進めると意外なところで繋がりあって、理解が多面的に広がったり深まったり、著者の意図していないところでの気づきがあったりするのでお勧めです。

とは言え、つい数日前に手にしたばかりの『原発危機と「東大話法」』は、この1年間溜まりに溜まっていた言い知れぬ不快さが一気に解消される思いで、うっかり寝る間も惜しんで最後まで読みきってしまった一冊(苦笑)。

いや、笑いごとではなく、今日の日本が、無責任な傍観者の群れに堕してしまっている根本問題を、東大アカデミズムが中心となって社会に蔓延させた、欺瞞的言語空間の問題として見事にひも解いてくれます。

そこには言葉に対する主体的誠実さなど毛頭なく、利害による「立場」に基づいてそのつど不誠実に生産される、保身と無責任に満ちた虚ろな響きがあるだけです。

実際、消費社会をかたち作る広告をはじめ、マスコミや政治家が発するあらゆる言葉を思い出してみると良いでしょう。

とくに原発事故後の日本は、言葉も社会も人も狂っていることがどんどん明らかになっていますよね。

言葉が狂えば社会も狂い人も狂う・・・言葉とはまさしくウイルスが感染していくように触媒として働く根本ということに気付かされました。

先ずは言葉を正すことから。

そういう意味でも今日(21日)の熊本日日新聞には、12歳の少女による素晴らしい投稿が掲載されていたのでここに全文引用させて頂きます。

****

私たちの生活の中で、略語を耳にする機会も多いと思います。テレビなどでも「着メロランキング」など、略語を使った言葉をよく聞きます。

確かに、略語はたくさんの言葉を短くまとめてあり、とても便利です。しかし、すべての文に略語を使ったらどうなるでしょうか。「とりま、メールしといてね。なるはやで」

これは「とりあえず、まあ、メールしといてね。なるべく早く」という意味ですが、これはほとんどの人には分からないと思います。

日本語は日本人が長い間かかってつくり上げた素晴らしい言葉です。私は、どんな時にも略語で済ませてしまうのは許せません。本来の素晴らしい日本語を使わないのは、先祖に対して失礼なことだと思うのです。

簡単な略語を使ってはいけないとは思いませんが、もっと本来の日本語に触れてみてはどうでしょうか。そうすれば日本語の美しさに気づかされると思います。たくさんの人が日本語の美しさに気付けば、日本は今まで以上に美しい国になると私は信じています。

*****

有り難う、ボクも気をつけます(汗)。

広告

お彼岸に♪

この数日、初挑戦にも関わらず、奥さんが大量にオハギをつくって近隣や親戚に配ってまわりました♪ てん菜糖とサトウキビと黒糖で甘さ控えめの慎ましい香りがキッチンからリビングにかけてまだ残ってます(笑)子どもの頃、この時期になると母親がやはり大量につくって近隣や親戚に配っていて、家中が甘い香りに包まれていた記憶が鮮やかによみがえりました。においの記憶って不思議ですね〜。

最近は田舎でさえも自宅でオハギをつくる習慣がなくなっているようで、手作りのオハギに皆さん喜んで頂きました。小学生の姪っ子にも手伝ってもらって、子どもも大喜び♪

 

 

熊本から東日本へ〜

熊本県北部の直売所で購入した新鮮野菜を発送サービスしています。

毎週火曜日と金曜日に発送します。

地元のたくさんの農家さんが毎日出品しています。

本日の発送内容はハクサイ(半分)、シュンギク、ホウレンソウ、キャベツ、トマト、シイタケ、赤ナス、ブロッコリー♪ これでなんと1000yen!

送料1200円込みで考えても同じような品質と量は東京のスーパーでは揃わないのではないでしょうか。

お申し込みは新鮮野菜のページから。

あなたもぜひご活用ください♪

 

今朝の収穫♪

ルッコラ、スイスチャード、ワサビナ、ホウレンソウ、シュンギク、そして菜の花化した小松菜♪ 菜の花は栄養価がぎっしりなので大変重宝していますよ。

今の時期は特に有機農家は冬と春の作物の端境期(はざかいき)ということで、露地で栽培されているかぎり出回る作物の種類は限られてしまうそうです。

ド素人の我が家はちょっと遅めの秋にいろいろ植えたので無農薬・無肥料にもかかわらずまだまだ充実した葉野菜が採れます♪

もっとも、11月末頃まではほとんど虫に食べられてしまっていましたが(汗)、寒い冬を控えめな成長で乗りった野菜たちはどんどん元気になります♪

スイスチャード(フダンソウ)は肉厚で美味しい♪

まだがんばっているカブからも菜の花の芽が・・・

ところで、虫たちが這い出してくる啓蟄(けいちつ)が、すでに3月5日に到来!

これから防虫ネットで対策せねば〜

おっと、そんなことを考えていたら菜の花にミツバチが♪

今日は久々の快晴♪

ボクも外に這い出そう♪

そんなわけでランチは庭で菜の花たっぷりのパスタ♪

取り急ぎ、国民投票・熊本未来会議報告♪

ご参加頂いた皆様、3時間ノンストップの濃ゆ〜い情報共有有難うございました♪

今井先生のパワフルで純真な講義にも深く感謝致します♪

あいにくの雨模様もあってか当日は参加予定人数が大幅に下回り、円卓テーブルがぐるりと埋まらなかったのは残念でしたが、かなり充実した一歩を踏み出せたのではないでしょうか。

特に、国民投票という活動に不安や疑問を抱いていた参加者の理解が得られたのは何よりでした。

このへんの論点を機会をみてわかりやすく皆さんに提示できるようにしたいと思います。

九州での連携を促すべく、国民投票・熊本事務局を立ち上げる方向になりました。さっそくHPもできました〜♪http://kumamoto.kokumintohyo.com/
今井さんを囲んでの二次会の宴の後、19時からは同じ国際交流会館の7Fホールで、現職の熊本県知事と対抗馬の議員による知事選をめぐっての公開討論会

地方分権や道州制について具体的な議論が交わされ、個人的には九州全体と繋がった熊本の未来の姿がおぼろげに見えた思いがしました。

終了後、帰りのエレベーターホールでくまモン=蒲島知事に接近♪

かなり濃く長い一日でしたが、志を新たに多難な前途に突き進む勇気を頂きました。

再び、今井一先生、無報酬ながら熊本まで来て頂いて有難うございました〜

今日、未来会議♪

本日、13時半より熊本市国際交流会館 3F 国際会議室において勉強会を行います

原発事故を契機に勃発し、高まりつつある民主主義政治への問い。

住民投票や国民投票といった市民運動を通してこの問題と向き合い続けている第一人者、今井一先生をお招きして、円卓を囲っての勉強会。一対多ではなく、みんなが同じレベルで顔を付き合わせて、みんなの未来に向けての勉強会。

会場のすぐ目の前では加藤清正公が見守ってくれます♪

彼のすぐ後ろには熊本城も♪

まだ円卓テーブル席には余裕があります!

直接来場でも構いません臆せず奮ってご参加下さい♪

17時から19時まで熊本城下のビュッフェで2次会もありまっせ〜

梅 うぐいす 春♪

玄関先の梅がどんどん開花しています♪

一週間ほど前から歌の練習を始めたうぐいすも、かなり上達してすぐそばで鳴き始めました♪

今日は桃の節句♪

近くにないので梅の花でご容赦(汗)。