新たな始まりに向けて今日はみそぎ♪

今日、6月30日は全国的に大祓(おおはらい)の日。年の半分を終え、次の半分を無事乗り切るために疫病に負けないようくぐる茅の輪(ちのわ)の御神事。

不思議なご縁で今年の春に自宅に設置された茅の輪にさっそくくぐらせて頂き、昨日までの反省を沢山みそぎました(苦笑)。

これから鹿児島県に出発!

*疫病には現代的な様々な隠喩があると思って下さい(無関心とかも立派な疫病)

広告

米作りの日々♪

6月17日の田植えの様子・・・

昨年の10月頃から開拓し始めた荒れ地がようやく田んぼとなって再生することになりました。

10年以上も不耕起となった土地を再生させることがいかに大変なことか。

まったくの素人が、土地の人に様々に教えを請いながら一から米作りに携わる・・・日照時間を少しでも長くするべく雑木林の伐採から始まり、竹林を整備し、イノシシ対策のための長大なバリケードを竹で造り上げ、長年の土砂で埋まった溝を数100メートルに渡って水源まで掘り進み、水の流れを確保し、馴らした土地に豊かに水が入るよう雨乞いをする・・・自然と向き合うこと、そして地域の人々と関わること・・・1年前にはまったく想定していなかった生活ですが、いやぁ〜一冊の本でも書ききれないくらい、実に多くの体験と学びの日々に感謝!

それでも米作りの本番はこれから。

土木作業を中心とした激務の日々がまもなく一段落するので、こうしたプロセスを少しずつアップしていきます♪

じゃがいも初収穫♪

今朝早くから隣りの畑のおばあちゃんがじゃがいもを掘っていた。

「おはよございま〜す♪ いっぱいできてますか?」

「まぁ〜だ、こーまかばってん、あめんふるまえにほったがよかけん」

(まだ小粒だけど雨が降る前に収穫したほうがよいので掘ってます)

え? 雨が降る前? 確かに今日は雲行きが怪しい・・・

そんなわけでボクも慌てて我が家のジャガイモを掘ってみた。

お、意外と出来てる! けれどもまだまだこれから大きくなるベイビーもいっぱい。

よく考えたら、ボクがタネイモを植えたのはおばあちゃんより一週間ほど遅れていたのだった。なので本格的な収穫は一週間後にして、今日採れた可愛いジャガイモたちはがんばっている仲間にお裾分けすることにしました。

待っとってね♪