マッカートニー氏が勧めるミート・フリー・マンデー♪

今回の来日公演は、参加したすべての人にポールの信じがたいヴァイタリティを示し、おじさん世代のみならず、若者にも勇気と元気を与えてくれたことは間違いないですね。

ところでポールがベジタリアンであることは、一般的にどれくらい報道で伝わっているのでしょう?

彼のヴァイタリティの源はまさしく菜食生活からきているのですよ。

ベジタリアンにもいろいろあるようですが、彼の場合は無農薬の新鮮な野菜をふんだんに用いた豊かなレシピでミートフリーを実践しているようです。

「肉を食べなきゃ人間は力が出ない」という信念をお持ちの方も多いと思いますが、それは市場経済の洗脳による思い込みだという可能性も、ポールのライブに立ち会った人たちは拭えなくなったのではないでしょうか。
paul_mccartney_veg_ad

もっとも、ポールがベジタリアンなのは何も健康管理のためだけではありません。

むしろ、他の動物(魚)にたいする慈悲深い思いからそうなったようです。

以下は ”Glass Walls ”と題されたポール監修による食肉産業の非倫理性を告発する動画(日本語吹き替え版)です。

「屠殺施設がガラス張りでできていたら、人は皆ベジタリアンになるだろう」

かなりショッキングですので、見る際は心してください。

私たちが普段食べている外国産の食肉はどのような環境で育ち、商品化されているのか。これが食肉産業の現実です。

ところで、ポールは健康面と倫理的な立場からベジタリアンを実践しているだけではありません。

肉食を拒否することは、実は地球環境汚染を減少させることにもつながるのです。

たとえば、グリーンピースは、私たちが食べる牛肉の1Kgの温室ガス(GHG)排出量は、100km飛行機に乗ったこととほぼ同じ量であると査定し、また Compassion in World Farmingという団体は、英国の平均的な家庭で、肉の消費量を半分にカットすれば、車の使用量を半分にするよりも多くGHGの排出が削減できると指摘 しています。

ポールは言います

「グローバルな環境汚染に対し、私たちは無力感を覚えることが多いです。どのようにすればよりきれいで、より持続可能性のある、健康な世界づくりに貢献ができるか、現実的なアドバイスを直視することは辛くなるかもしれません。 しかし、週一回だけ、肉食をしない日を決めることで、誰もが実現できる、意義ある変化を引き起こすことができます。この取り組みで、政治・環境・倫理に関する様々な問題の核心に、一気に迫ることができるのです。 環境汚染だけではなく、より良い健康状態、動物の倫理的扱い、世界の飢餓や政治活動にとどまらない問題に取り組めるのです。」

いきなりベジタリアンになれ、と言われても慣性化した食生活を一気に変えることは難しいですし、決して持続可能ではありません。それでも週一度だけ日にちを決めてお肉を食べない日を設けることはかなりハードルが下がるのではないでしょうか。

それが「ミート・フリー・マンデー」キャンペーンです。

ボク自身もこのキャンペーンが始まった4年前から実践しはじめて、2年前からほとんど肉を食べなくなりました。ほとんど、というのは月に一度くらい少しのチキンを食べることがあるかないか、というかんじです(それもできるだけ平飼いの地鶏)。

おかげさまで、体重も4年前と比べると15キロ以上は落ちました。
当然、身軽になって歳よりも若く見られるようになりましたよ(笑)。

あなたもポールの楽しい歌とともにぜひ♪

これも見てね♪
MEATRIX

広告

日本人の心に希望と元気を! ありがとうポール♪

131115_221430

昨晩、ポール・マッカートニー@福岡 ”OUT THERE ” を体験してきました。

予想をはるかに越えて圧倒され、感動!

71歳?? 年齢なんて超越した史上最強のロックンローラーの、茶目っ気たっぷりな勇姿、天才ポール・マッカートニーの神性が3時間ぶっ通しで光りを放ってくれました。

少年の頃にLPレコードで繰り返し聴いた20代のポールの歌声が、絶叫系から艶やかな美声まで、記憶どおりにそのまま再現されていたことの驚きたるや、こちらの全身の細胞までぎゅわ〜っと活性化してしまったような手応えを感じました。

画期的だったのは、満場を埋め尽くしていたおよそ6割が50〜60代のオヤジたちだったこと。しかも元ミュージシャン風とか業界風とかではなく、ごく普通のオヤジたちだったこと。

この人たち、日本では文化的なイベントごと(コンサートや舞台)にもっとも姿を見せない層なので、今回のポールによる日本への影響はただ事ではないと思う。

もしかしたら閉塞感漂う国政に風穴が空くかも♪

曲のレパートリーも凄かった。

中後期のビートルズナンバーを中心に、解散直後のソロアルバムやウイングス時代のヒットソング等々、これまで、一般的にはレコードの音源のみに封印されていたサウンドの数々が、身体も揺るがす最強最高のライブサウンドで、数万人規模の観衆とともに体感できたことの歓びは、往年のファンたちにとって計り知れないほど、魂を豊かにしてくれたのではないでしょうか。

しかも、普通にラブソングと思っていた楽曲も、背景に投影される意味深な映像とともに改めて歌詞を意識すると「!」 目玉もひっくり返るメッセージソングだったことがわかったり・・・(汗)

そして最新アルバム「NEW」

No1ヒットになったタイトル曲はもちろん、コンサートで披露された「クィーニー・アイ」「エブリバディ・アウト・ゼアー」は特に歌詞をチェックして欲しい。

間違いなく、ポールは大好きな日本の、経済ではなく、魂の復興を応援しにやってきてくれましたね。

ボクの前列の御婦人(60代)がライブ中、何度もなんども「ポール、ありがとう〜!」と絶叫していた。

これは5万人の観衆全員の心の声。

Everybody out there!

東京の人たちもしっかりとポールのメッセージを受け止めて、ぜひ行動して下さい♪