細川護煕元首相の意志を絶やさずに

51lOfy+BlBL._SL200_

どうやら熊本日日新聞の読者欄への投書がボツになったようなのでタイミングを逸しましたがここに掲載させていただきます。

今回の都知事選は脱原発派の負けとかそういうことではなく、日本における選挙制度の限界(組織票=権力による数の論理)を端的に示したのだと思います。よってこの手法に依拠した民主主義という幻想にもはや頼るのではなく、これからは私たち一人一人が、日々の暮らしにおいて、自立的に生きる努力を積み上げていくことにシフトしていきましょう、これからは政治の問題としてではなく、生き方の問題として実践的に各自が問うていきましょう、そんな呼びかけのつもりで投書したものです。

****

「災いを転じて福と成すという言葉がありますが、大震災、原発事故は日本を変え、東京を変えるまたとない機会にしなければなりません」

3.11後まもなく東京を離れ帰熊した私は、細川護煕元首相が都知事選の出馬表明の際に語った言葉に深く共感し、この選挙の行方に注目していました。

「今の国の目指している方向、その進め方になにかと危ういものを感じている」

「腹一杯ではなく、腹7分目の豊かさでよしとする、心豊かな幸せを感じ取れる、成熟社会への転換を図っていくことが求められている」

30年近く住み慣れた東京での生活や事業をやめて、私が故郷の地域社会で環境保全と自然農に関する公益活動を始めたのは、細川氏と同じ危機感と思いがすでにあってのことです。その危機感も思いも年々強まるばかりですが、ここにきて影響力のある、しかも熊本ゆかりの方が、世界も注目した公の場でとても心強いメッセージを発信して頂いたことに今も感謝しています。

残念ながら選挙では負けましたが、今回大切なことは、彼の連日の都内での選挙演説が毎回大多数の聴衆をひきつけ、有志によるインターネット中継も都民に限らず全国的に注視されるような、たいへん熱気あるものだったという現実です。

すでにタネは蒔かれました。これからこのタネを育てていくのは、都民のみならず日本に生きる私たち一人一人ではないでしょうか。

いみじくも選挙後の記者会見で細川氏が締めくくられたように「脱原発はイデオロギーの問題ではありません。まさに今を生きる人たちの覚悟の問題だと思っております」

了。

広告

熊本より熱いエールを 〜 都知事選 

銀座

脱原発を願う多くの市民が戸惑うことになった二人の候補者。

あなたはどちら?

などとのんきに聞いている場合ではない。

私たちの闘いの相手は原発推進勢力であり、民意をよそに暴走する与党独裁勢力であり、
世論調査と称して世論操作を日々怠らない覇権勢力である。

それにしても今回の都知事選ほど、これまで都政に関心のなかった人々を巻きこんで盛り上がっている選挙はないのではないか(伏線はもちろん、山本太郎氏や三宅洋平氏による前回の参院選での活躍にあると思う)。

元東京都民として、遠くはなれた熊本から見守るしかないこの状況がなんとももどかしく、うらやましくもある。

九州には3.11以降の東京からの移住者が数万人規模でいるはず。

そしてその多くが宇都宮氏や細川氏のインタビューや選挙演説をYOUTUBE等でフォローし、この3年間を振り返りながら、いまようやく希望の光りを見た思いでいるに違いない。

いや、この二人だけではない。

16名いる候補者のうち他数名も真理に基づいた素晴らしい選挙演説をして、それぞれに聴衆をかなりの規模で集めているようだ。

これはすごいことだ。

果たして、東京は根底から変わりつつあるのか。

選挙は勝ち負けで論じられがちだが、今回のように様々な立場で私欲からではない真理の言葉を届かせうる候補者が複数存在し、様々な視点から社会の問題を明快に伝え、また具体的な政策やビジョンについて、都内各地で同時多発的にアピールし、無関心だった人々の魂に触れはじめているこの現状は、感動的でさえある。

政治的本質論、および理想論で言えば、宇都宮さんのような、社会の底辺で苦しむ人々に寄り添い、覇権勢力を相手に戦ってきた人こそが、政治的リーダーになることが望ましいのは明らかだ。本来の政治はそうでなくてはならない。しかし一方、長期的な腐敗の中で多くの市民の意識を思考停止に追い込んでさらに、道理から外れた世界へと邁進する強大な権力構造を打ち砕くには、より多くの市民への影響力を持って、真理に即した大きなビジョンを示せるリーダーの出現が必須だ。

だから個人的な願望としては、今回の都知事には○○氏、副知事に○○○氏、という体制ができ、鈴木氏、家入氏などもしかるべきポストに入れて頂ければ、「民主主義」という、これまで言葉にすぎなかったものが、内実をともなった希望の光りとして東京都を超え、日本を超えて、世界へと輝き出すだろうなぁ、とつぶやかせて頂く。

万が一にも、世論操作以前の不人気にもかかわらず、姑息な組織票で勝つような結果が出たら、今回目覚めはじめた魂たちが決して黙ってはおかないだろうなぁ、ともつぶやかせて頂く。

天は見ているよ。

たとえ上司からの命令で心とは裏腹の候補者への投票を強いられていても、彼らはあなたの投票用紙を見ることはできない。だから心に正直に投票してくださいね。都民の皆様、お願いしますよ♪

ます*画像はあるブログより引用させて頂きました。

本日は決戦のとき! よかったら投票前にこの動画を観ていってください♪
意味不明でも魂に響くはず。